傾奇者どっとねっと
<リングにかけろとは>

車田正美が20代のど真ん中に描いたマンガ、リングにかけろ!当初はボクシングマンガだったはずだが、だんだんと違う世界に入っていく・・・しかしこれが車田マンガの型破りなところである。そんなリングにかけろを紹介しています。
あらすじ
飲んだくれの父を持つ高嶺竜児は、山口県で育った。
死んだ父は世界を狙えるプロボクサーだったが若くして行ってしまった。姉の菊は竜児をプロボクサーにするため上京しかし、世間の風は冷たかった。そして、竜児はボクシングが嫌いだった。
そんなある日、スーパースター剣崎と出会う。

初めての試合で剣崎にボコボコにされたが、なんとか勝った。それが始まりとなり、竜児と剣崎の戦いは続くのである。

途中から、ボクシングだか、喧嘩だかわからなくなっていき、フィニッシュブローでリングから飛び出すどころか、会場の外まで飛んで行ってしまったりもする。

最後のほうにいたっては、プロのデビューせんが世界タイトルマッチであるとか、
内容的にはやけくそだったりするが、これほど"男"を描いたマンガは他にはないであろう。


キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する