傾奇者どっとねっと
<友とはかくありたいものだな...???花の慶次>

単行本第4巻の巻末で慶次は、前田玄以の兵と一戦交えることになる。しかし、慶次と捨丸の二人である。そこへ、助右衛門が登場する。そのとき、家康が"友とはかくありたいものだな"っと言っている。

"かくありたい"の意味は不明だが、友は運がよれば多くなり、運がなくなればいなくなってしまうのである。不幸なときこそ力を貸すのが友である。

つまり男とは、不幸な友に力を貸すのである。

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する