傾奇者どっとねっと
<生きる!>

生きるという映画が以前あった。
黒沢監督の作品である。

公務員のおじさんが、癌になって余命数ヶ月ってとこで、死ぬ前に一花咲かせてってことで、たらたら仕事していたのにみんなのために公園を作ったわけなんですよ。

人間、死を感じれば頑張るのではないか?
いやいや、この映画の評論をするわけではないが、熱くさせてくれた。

とは言っても、黒沢映画が良いのは当たり前!
こんなやつに評価されたくないだろう、うん、うん

でも、人間生まれたときに死も決まっているのではないか?

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する