傾奇者どっとねっと
<だかあぽ>

これは少年ジャンプの読み切りだったマンガである。

私はこのジャンプを今でも持っている。それほどこのマンガは面白く、そして、心に残った名作である。

内容は、憧れの先生を目指して、主人公が勉強するって内容です。っで何処が良いかというと、このマンガに出てくる言葉は良いのである。

人を感動させる何かがこのマンガにはある。現在では単行本があるのかも解からない、だからジャンプが捨てられないのだ。1992年1,2月号である。ちなみに思い出のせりふを書いてみよう。

「出来なかったは、やらなかったより、ほんの少しだけ価値があると私は思います。失敗したらはじめからやり直せば良い。音楽の譜面で言えば、D.C.(ダカーポ)ですね」


キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する