傾奇者どっとねっと
<総評>

さて、皆さんの心に残る何かはあったのでしょうか?影響を受ける何かを見つけることが出来たのでしょうか?私は花の慶次を何度となく読み返しております。

現代において"死"を感じることはあまり無いでしょう。しかし、現代の死は社会から疎外されてしまうことではないでしょうか?ここで言う死は命が終わることではなくて、生きていないということです。生きていることを実感することが出来ないような、生き方をしていることです。

命をかけて何かに取り組む、そんな生き方をしていない、出来ない。そんな世の中になってきてしまっているのではないかと思います。しかし、前田慶次は時代に流されない勇気を持っていたのではないでしょうか?私はそんな彼の生き方を知り、多くの影響を受けたのであります。

時代を超えた勇気を皆さんにわかって頂ければ幸いです。

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する