傾奇者どっとねっと
<捨丸>

前田利家の忍び主馬の家来。松風に惚れて、"松風に乗ってみたい"との気持ちから慶次の家来になる。その際、忍びを抜ける証として仲間7人を殺してきた。

捨丸が登場する以前は、骨がその役目をやっていたが、捨丸登場以来、骨の出番はなくなった。頭によい男である。

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する