傾奇者どっとねっと
<石田光成>

幼少のころから秀吉自身に見出され、豊臣政権の実力者としてメキメキ頭角をあらわす。事実上の秀吉の右腕。

秀吉が疲れてついたとき、幼少の光成が温度の違う3杯のお茶をだしたことから始まったと言われている。(冷めたお茶、ぬるいお茶、熱いお茶である)

前田利家同様、こんな男が秀吉の右腕であるはずがないっと思うほど、情けない...

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する