傾奇者どっとねっと
<前田利家>

槍の又座と呼ばれ豪勇の武将であったが、現在は秀吉の顔色をうかがって生きている。

この物語では利家はとても気弱な、貧弱な武将のように描かれているが、こんな人間が、加賀56万石を手に入れるとは思えない。
信長が生きているころは、赤母衣衆として傾いた人生を送っていたはずだ。

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する