傾奇者どっとねっと
<おふう>

慶次に助けられるまでは、願鬼坊について耳を削ぎ落としていたが、慶次が願鬼坊を倒したので慶次と行動をともにするようになった。
公卿の出身で大人になることを拒絶し、いつまでも子供のままである。

それでも父親は七霧の鬼である。

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する