傾奇者どっとねっと
<徳川家康>

東海一の弓取りといわれ野戦においては秀吉も及ばぬいくさ人。
135万石の大名。

その姿はたぬきのようで、秀吉、慶次に対面の後に百姓の舞いを振る舞い皆の気持ちを和ませた。
利休は信長の次の天下人は家康であると思っていた。
しかし、一歩の出遅れから秀吉に先を越されてしまった。

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する