傾奇者どっとねっと
<花の慶次のみどころ>

これはもちろん慶次の生き様を読むことにある。
傾いた漢(おとこ)の生き方を見習い、そして実践していくこと(?)である。

生と死の狭間を見、それでもなお傾いていきる漢!前田慶次を見るのである。
私の場合は小説、一夢俺風流記も読んだ。そしてそれをバイブルとして生きているのである。皆さんもこれを読んで知らない人は、本屋さんに買いに行きなさい。

とてもではないが、一言ではみどころを書けないのである。単行本18巻で内容は深いのでいろいろ書きたいが、出来れば読んでほしい!

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する