傾奇者どっとねっと
<あらすじ>

千葉の九十九里に生まれた菊川仁義(きくかわじんぎ)は喧嘩に負けたことが無い。

中学に入学そうそう番長に喧嘩を売り、その日のうちに番長になる。しかし、渡米前の西日本の大将、武島将(たけしましょう)にボコボコにされる。

挙げ句の果てに将を追いかけ空港に押しかけた。一矢報いることは出来たが、またも敗北をしてしまう。仁義は日本の硬派を集める野望を燃やす。

しかし...打ち切り...

最後の方は打ち切りなので話しは急ピッチで進み、わかわからん状態になって、
そんで終わってしまった。

キーワードアドバイスツールの新定番
キーワードマスターツール!!
>> ブックマーク(Ctr+D) <<
ソーシャルブックマーク:ブックマークに追加する

ブックマークに追加する